FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

W杯南ア大会 ウルグアイ-フランス

何を隠そう、僕はウルグアイファンである。
多分、日本ではかなり珍しい人種だと思う。

よりによってウルグアイ代表のファンをしている東洋人を見つけることはそんなにたやすいことではない。
レコバのファンなら、一昔前、結構いたのだが、僕はあくまでもウルグアイ代表ファンなのである。
なぜか? と聞かれても答えられない。きっかけは、僕のアイドルがプラティニとフランチェスコリだったからとしか答えられない。僕はプラティニのファンであってもフランス代表のファンではない。ユベントスのファンではあるが・・・フム、だいぶ僕もいいかげんである。

それはそれで置いておいて。今朝の試合である。

ウルグアイ・・・予想以上に良かった。久しぶりに良いウルグアイを見た。
あぁ、そういえば一昨年のキリンカップのウルグアイは良かった・・・というより相手が日本代表で弱すぎただけであり参考にはならない。
フランスを相手に立ち上がりのリベリー→ゴブには頭を打ち抜かれ、グルキュフの直接FKには度肝を抜かれ、これは厳しいなと思って見ていたのだが、それ以降はまったく(はちょっとオーバーか?)危なげなく、ほぼ完璧にゲームを掌握し続けていた。これぞ「ガラ!」という根性と、ちょっとばかしずる賢い守備とファウル狙いの演技は相変わらずの職人技を見せ付けてくれた。

前半は右サイドのアルバロ・ペレイラの精力的な動きとフォルランの懐の深さを軸に、効果的なカウンターでフランスを苦しめていました。スアレスとフォルランの連携も実に巧みでした。中盤の底とCBはいつもどおりの鉄壁のブロックを形成していました。イグナシオ・ゴンザレスの出来がそれほど良くなかったことを除けば、本当にウルグアイらしい試合をしました。

そして、後半の立ち上がりには驚かされました。あまり出来がよくなかったゴンザレスの位置取りが高くして、いきなり攻撃モードで後半に入っていくではないですか? おいおい、大丈夫か!? タバレス、気でも狂ったか!? と思いましたが、面白いように動きが連動し、フランスを苦しめます。おいおい、このまま1点取れそうだよ・・と期待が高まります。しかもタバレスらしからぬ攻撃的な采配を振るい続けます。ゴンザレスoutでロデイロin、さらにはスアレスoutでアブレウin。タバレス、本気で勝つ気だ・・・・。

しかし、ロデイロが馬鹿馬鹿しいファウルをします。こら、小僧! 何でボールを返さないんだ! くだらないことをするな! と画面を見ていたら、西村さんが胸のポケットに手をいれながら飛んできました。黄色い札が出るではあ~りませんか! まったく無駄なカードを貰いおってが・・・・しかし、NHKの実況と解説はさらにわけのわからないことを言っていましたね。ちゃんと画面を見ておけよ・・って彼らはスタジアムで実況しているんだったな。しかしボールが止まっていたんだから見ていただろうに・・・・。やれやれ。挙句の果てには日本語のテロップでアレバロにイエローカードと出る始末だし。思わず、一瞬、自分を疑ってしまった。
この試合ではウルグアイはクリーンに仕事・・・もとい試合をしていました。いつもなら、もっとあこぎなプレイをして一般の皆様の顰蹙を買うのですが(笑) 酷かったファウルはロデイロの2枚目イエローカードくらいでした。まぁ、ファウルをもらうための芸術的な・・失礼、姑息なシミュレーションまがいの倒れこみ演技は相変わらずでしたが(笑) 西村さんも3回ほど、演技に引っかかっていましたね(笑)

まぁ結局、ロデイロのおかげで勝ち目はなくなり、残り10分はひたすら耐えるだけになりましたが、今後の戦いに十分期待を持てる、久しぶりに良い試合でした。こんな良いウルグアイをワールドカップで見るのは1990年のイタリア大会でイタリアに敗れた試合か、あるいは2002年のセネガル戦の後半以来です。
ロデイロは次の南アフリカ戦には出られませんが、若いのでしっかりと反省して最後のメキシコ戦に備えて欲しいです。ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドも若かりし時にはくだらないファウル(まぁ挑発されていたわけで、ロデイロのような自爆ではありませんが・・・笑)をして酷い経験をしているのですからね。しっかり、反省しなさい!

今日の試合は、2002年のときのフランス戦とは大違いでした。あのときはアップアップで何とか引き分けに持ち込みましたが、今回はあのロデイロの馬鹿馬鹿しい最初のファウルさえなければ勝つこともできた試合でした。
本当に惜しかった・・・。

さぁ、次、頑張ろう!

ところで、フランスはあんな出来で大丈夫ですかね? ゴブを除いて個々の出来はそれほど悪くはなかったように見えましたが・・・しかし、相変わらずレイモン・ドメネクは監督として仕草が品がないですね。はっきり言って下品です。典型的ないやらしくて皮肉屋のフランス人という仕草を見せますね。見ているだけで情けなくなります。エメ・ジャッケは良かったのにねぇ~。
フランスが消えてしまうと、寂しくなりますから、頑張って欲しいです。確実にメキシコと南アフリカに勝ってもらうとウルグアイも楽になりますから。
スポンサーサイト
21 : 39 : 35 | サッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<W杯南ア大会 韓国完勝! | ホーム | W杯南ア大会 クアウテモック・ブランコ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://satopum.blog91.fc2.com/tb.php/36-73da99c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

A Friend of LAGAVULIN

Author:A Friend of LAGAVULIN
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
サッカー (14)
映画・音楽・読書 (0)
ゴルフ (5)
小浜 (8)
舞鶴 (2)

Access Counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。