FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

W杯南ア大会 ウルグアイ

我らがセレステ・オリンピカ(ウルグアイ代表の愛称です)の躍進が続く。
まずは韓国戦。
前半8分のスアレスのゴール。これは完全に韓国DF陣のミス。しかし、速攻の中で、一度サイドに振られた後で、あそこにボールを入れられるのはDFとしてはとても辛いのも事実。僕もサイドバックをやっていたのでわかるのだが、サイドの深いところにああいう速い形で入られた場面でセンターバックのカバーに入って、ボールを見ながら、自分の裏と、GKとの間に入ってくるFWをケアするのは本当に辛い。まぁ、しかし、辛いってのは言い訳にしか過ぎないのだが・・・。
フォルランとスアレスというまさに2スピアヘッドだからできた芸当とも言える。本当にこの二人のコンビネーションはこの大会で芸術的である。もっとも、攻撃のほとんどはこの二人と、せいぜいあと一人が関与する程度なのだが、それで点を取ってしまうのだから凄い。

1点を先に取った時点で、もうこの試合は勝ったと思ったのだが、韓国は不屈の精神で同点まで持っていった。ただし、あの得点も厳しい言い方だがウルグアイDFのミス。ルガノのジャンプのタイミングが遅れたのは、ポジショニングのミスだし、ムスレラの飛び出しもあまりにも中途半端。まぁ、あの時間帯に他のチャンスも含めて一生懸命に戦った韓国の努力が報われたということだと思う。

韓国は体力があるし、根性も相当なものなので、同点にされると辛いなと感じていたのだが、スアレスの芸術的な得点で勝負ありとなった。あのゴールはスーパーなゴールだった。あの時点であんなゴールを決められると、韓国選手としてはたまったものではない。精神的なダメージは相当に大きかったと思う。

今大会のウルグアイ代表のDF陣は、さすがに韓国を相手に1試合で2点も取られるような不始末はしなかった。

今まで1点も取られなかったDF陣が1点取られたのは余分だったが、まぁ、結局は予定調和という結果となった。次の戦いはガーナが相手。僕はできればガーナに勝ちあがって欲しいと思っていたので、大変、良い結果であった。今となってはガーナはアフリカ勢の最後の砦となったため、完全アウェイ状態となるだろうかな、その点はやっかいだが、ウルグアイ代表はいつのときでも世界中から嫌われているので、あまりそんな雰囲気はないと思う。むしろ、アメリカ代表の厭らしいまでの勤勉さとドノバンの意外性と天性の運の強さのほうが厭である。ガーナは得点力が乏しく、速攻の鋭さではウルグアイの比ではないので、変な反則でもしない限り、問題なくウルグアイが勝って、数十年ぶりの4強に名乗りをあげるのは間違いないだろう。

しかし、今までウルグアイ代表というと、姑息でげつないファウルや守備戦術で世界中から嫌われてきたのだが(僕がサッカーを見始めた1980年代初頭以降の話だが)、今回の代表は驚くほどクリーンである。まずイエローカードの数が少ない。初戦のデレイロが馬鹿げたカードを2枚もらっているが、それを除くと、何と4試合で3枚だけである。内訳はCBが2枚、SBが1枚で全員、別の選手である。
ウルグアイのバックあ4試合を戦ってカードがたったの3枚! しかもカードなしが2試合もある!!
どうしたウルグアイ! と昔からのファンの僕は驚いてしまう。

クリーンなディフェンスをするウルグアイというのも何だかピンとこないが、まぁ、ダーティーと言われるよりはよっぽど良い。この行儀の良さが今回の快進撃の原動力なのかもしれない。
スポンサーサイト
12 : 51 : 43 | サッカー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<W杯南ア大会 日本代表の終焉 | ホーム | W杯南ア大会 ウルグアイ-韓国>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://satopum.blog91.fc2.com/tb.php/43-fce321af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

A Friend of LAGAVULIN

Author:A Friend of LAGAVULIN
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
サッカー (14)
映画・音楽・読書 (0)
ゴルフ (5)
小浜 (8)
舞鶴 (2)

Access Counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。