スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

W杯南ア大会 日本代表の終焉

幸か不幸か僕の予想どおり0-0の引き分けでPK戦となった。
W杯レベルともなると特別にPKに強いキーパーでもいない限り、PK戦というのは抽選会のようなものである。もちろん駆け引きはあるのだが、120分を戦った後では、神様のさじ加減である。
日本代表は駒野が外して万事休すだったが、相手が全部決めたのでは仕方がない。PKでは1本くらいは外れるものである。
僕としては3人目に駒野を持ってきた岡田監督の人選には不満だが、まぁ、仕方がない。友人たちと一緒に生中継を見ていた僕は3人目に駒野が歩き出したときに「何で駒野なの! 本田だろう、3人目は!」と叫んだら「○○さん! そんな不吉なことを言わないで! 本当に外したらどうするの!」と皆に非難されたのだ。その後、本当に外したので、さらに皆の猛ブーイングを受けてしまいました「○○さんがそんなことを言ったせいで駒野が外しちゃったじゃないですか! 皆に謝って下さいよぉ~!」と涙目で訴えられてしまいました。だって、駒野ってハートが今一つそうなんだもの・・・。まぁ、誰かが1本は外すので、それが駒野だったというだけのことだろう。
しかし、これで駒野は日本一有名な代表選手になってしまった。本人は嬉しくないだろうけれど。
一方、GKのほうだが、川島は3本目からは我慢できずに先に動いてしまっていた。特に前に一歩出てしまうことで微妙にタイミングを外されていたのではないかと思う。昔、ピーター・シルトンはPK阻止で有名だったのだが、彼に言わせると、「PKでは決してヤマを掛けてはいけない。キッカーの仕草、動作、軸足の置き方、蹴り足の振り上げ方、それらをすべて観察した上で、飛ぶ方向を決めるのだ」と語っていたのだが、そういうことができるのがPK阻止の名手なのだろうね。川島はイングランドとのテストマッチやデンマーク戦ではしっかりと止めていたのだが、これがW杯ベスト8をかけた戦いの重圧なのだろう。

でもW杯敗退の結末としてはドラマティックで良かった。この結果が次の大会に生きるかどうかは、今後のサッカー協会と関係者の努力次第だが、少なくとも、サッカーをやりたいと思った子供は間違いなく増えると思う。これが今回の代表チームのもたらした最大の遺産になると思う。涙にくれる駒野の姿を見て、PKの練習をする子供もいるだろうし、本田と遠藤のFKを真似する子供もたくさんいるだろう。僕がコーチをしている少年サッカーチームにも入団希望者がどっと増えるかもしれない(笑)

いずれにせよ、今回の日本代表は予想を覆す大成果をあげてくれた。単にグループリーグを突破しただけでなく、2勝1分け1敗という好成績で、かつしっかりとした内容を出し、今後、当面の日本サッカーの方向性にある一定の指針を示したという意味で非常に大きな、有意義な大会であったと思う。
今回の代表メンバーのうち、どれほどが次回ブラジル大会の予選に臨むかはわからないし、ましては本選にすすめるかどうか、誰が本選のメンバーに残るのかなど、まだまだ先の話だが、また4年後の楽しみが増えたということで日本代表の話を締めくくりたい。
スポンサーサイト
13 : 20 : 32 | サッカー | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<W杯南ア大会 ウルグアイ ベスト4へ | ホーム | W杯南ア大会 ウルグアイ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://satopum.blog91.fc2.com/tb.php/44-7d09a226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
EOSやPIXUSなど購入者へ10万円分の旅行券があたるキャンペーン(+D ... FIFAワールドカップ W杯 南アW杯 最新情報 (07/28); 携帯回収促進にインセンティブ付与 有効策探る事業者は消極的(フジサンケイ … ⇒ FIFAワールドカップ W杯 南アW杯 最新情報 (07/28); リコー... FIFAワールドカップ W杯 南アW杯 最新情報【2010/08/02 11:21】
| ホーム |

プロフィール

A Friend of LAGAVULIN

Author:A Friend of LAGAVULIN
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
サッカー (14)
映画・音楽・読書 (0)
ゴルフ (5)
小浜 (8)
舞鶴 (2)

Access Counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。